2013年1月20日

鍋割山の鍋焼きうどん。

神奈川県の丹沢の山を登りに行ってきました。
丹沢に足を運ぶのは、2010年の11月以来。
昨年末から東京に移住したばかりなので、どこに出掛けても久し振り、ということが多いのです。

 
小田急線の渋沢駅から大倉までバスで行って、そこから林道を歩いて四十八瀬川の二俣方面へ。
今回の目標は、丹沢でも人気の鍋割山(なべわりやま・1272.5m)です。


 
四十八瀬川の二俣から急登をひと頑張りで後沢乗越へ上がり、そこから尾根筋を北上して鍋割山頂上に到着。
そして今回の一番の目的は、鍋割頂上に建つ鍋割山荘で、名物の鍋焼きうどんをいただくことだったのでした。
天気も抜群だったので、外で富士山(ふじさん・3776m)の姿を見ながら食べることに!
具もたくさん入っている、本当に美味しい鍋焼きうどんでした。

 
鍋割山からの下山路は、小丸尾根を選択。
下降点に近い、北面の開けた場所からは、丹沢山塊の主脈が一望できました。

 
しかし、先日1月14日に積もったものなのでしょう、丹沢とはいえ、雪がたっぷりです。
まるで中国山地の奥山を思わせるような景観となっており、離れることになってしまった山陰地方に少しだけ思いを馳せながら、雪を被った小丸尾根をどんどん下っていきました。

▼参考書籍(Amazonへのリンク)
 一番最初に、この鍋割山が紹介されています。

この『雪山エントリーコース』には、私も1山、ルポとコースガイドを書いています。
大変に売れ行きが好調のようで、間もなく増刷もされるみたい?
内容の詳細については、増刷されたものが書店に出回る頃に、また改めてご案内したいと思います。

2 件のコメント:

  1. きもとさん、こんにちは。
    東京に引っ越されて、もう大山では会えないのでしょうか。大山には2月末に行きます。
    Kinkachoは昨日クライミングに復帰しました。ささやかなルートをトップロープでですが。
    雪山にも連休に復帰しました。
    次は谷川岳でお会いしたいです。

    返信削除
  2. kinkachoさん、こんにちは。
    新しいブログへのコメント、ありがとうございます!
    東京に移住ましたが、まだ月に1度は米子に通います。
    2月下旬は、23日は米子市内でスーパークライマーの山野井泰史さんの講演会に出席、というか私が司会をやります。
    翌24日は早朝から登って、昼下山が目標ですが、山野井さんと一緒に大山北壁を登る予定。
    もしかしたらその時、会えるかもしれませんね。
    谷川岳もいいですね!
    クライミング復帰も、おめでとうございます。
    これからまた、色々なことにチャレンジできることと思います。
    頑張ってくださいね!

    返信削除